ヘルパー2級 通信

ホームヘルパー2級が介護職員初任者研修に変更

 

ホームヘルパー2級は、現在では存在していない資格となっています。

 

ホームヘルパー2級

何故かと言うと、これは介護職員初任者研修と言う名称に変更された為です。

 

ホームヘルパー2級だけでなく、ホームヘルパーに対して設けられていた資格を一本化することで、より明確なキャリアパスを描けるようにと言う目的で変更されたと言う経緯があります

 

では両者の間にはどのような違いがあるかと言うと

資格取得後に想定される実務現場

 

ホームヘルパー2級は、文字通り、ホームヘルパー、つまり訪問介護のみを想定した資格。対して初任者研修は、訪問介護だけでなく、施設介護も想定しています。それからホームヘルパー2級にあった実技演習と施設実習が、初任者研修ではなくなっていると言うのも大きな違いです

 

終了時にテスト有

 

終了時にテスト

更に初任者研修では、終了時にテストがあり、それに合格する必要があると言うのも違う

 

ホームヘルパー2級は取れないが初任者研修の資格を取る方法

 

先述したように、もう存在してない資格なのでホームヘルパー2級の資格を取ることはできません。ですが初任者研修の資格であれば、誰でも取得することは可能になります。

 

独学

ホームヘルパー2級 独学

まずは独学が挙げられます。自分のペースで、自分の方法で学習できると言うメリットはありますが、最終的に試験を受ける必要があるので、完全に独学で済ませると言うのはなかなか難しい事

専門学校(スクール)

ホームヘルパー2級 専門学校

専門学校に通うと言う方法。専門的な内容を、皆で励まし合いながら学習できると言うメリットがありますが、費用が高額になりやすい、また時間割が決められているので通うのが難しい人もいると言うのはデメリット

通信講座

ホームヘルパー2級 通信講座

最後は通信講座を利用すると言う方法。介護業界では慢性的に人手が不足しているので、それを解消すべく、現在では数多くの通信講座で初任者研修の資格取得を目指すことができます

 

通信講座だと費用も安く、働きながら等でも出来る

費用安く出来る

通信講座は、独学と専門学校、その両方の良いところを持った学習方法だと言うことができます。ある程度は自分のペースや方法で学習を進めることができますし、専門学校で学ぶような専門的な学びを期待することができます。

 

一方で独学に偏らず、学校に通う必要がないので、独学と専門学校のデメリットをクリアした方法と言うこともできます

 

演習に関しては

実際に体を動かす必要があるため、指定された場所に出向く必要があります。通信は、比較的、費用が安いと言うのもメリットです。

 

昼間、仕事や家事に忙しい人でも夜や休日に学習することができますし、学習以外に時間を費やす必要がないと言うのも魅力的ですから、初任者研修の資格取得を目指すのであれば、通信講座が推奨されます

 

 

介護職員初任者研修を最安値の通信なら

介護職員初任者研修 資格

 

ホームヘルパー2級の口コミ・評判

10年ほど前ですが、ホームヘルパー2級を通信講座で取得
評価:評価4

 

通信講座と言っても、実際に実習も行いますし、通学もして対面授業も行います。実技を必要とする資格なので、自宅での学習のみでは足りない部分も多々あります。実際通学をしてみると、同じ資格を取得するために同じ方向を向いている人たちが集まるので、自然と仲良くなります

 

自宅での知識を中心とした学習を踏まえての実習になるので、体と頭がうまく連動すると、しっかりと自分のものになります。介護技術が必要になるので、現場への実習も行います。私は3か所の施設に行き実習をしました。学習と実際との違いをしっかり学ぶことができました。

 

得た知識は介護だけでなく、子育ての際にもとても役に立ちました。口コミを検索すると色々出てくるのですが、人によって感じることがわかれると思いますので、興味があるのであればホームヘルパー2級等の資格に足を踏み入れても良いのではないでしょうか

(40歳 女性 千葉県)

具体的な相手への介助の仕方がテキストだけでは
評価:評価3.5

 

ホームヘルパー2級の養成を通信講座で受けようと思ったのですが、現在はホームヘルパー2級の資格はなくて、初任者研修を通信で受けました

 

テキストがとても充実しており、ふんだんにイラストが掲載されていて、図解しながら要介護者への支援の方法を自宅で学ぶことが出来ます。様々な生活シーンでの援助の在り方を丁寧に解説しているので、楽しくマイペースで学習を進めることが出来ました

(23歳 男性 岐阜県)

ホームヘルパー2級を取得
評価:評価4.5

 

私の祖母が寝たきり状態だったため、自宅でも活用できるようホームヘルパー資格を取得する気になりました。ホームヘルパーは1級〜3級までありましたが、1級はリーダー的な立場になれる付加価値がありましたが、私には必要性を感じず、3級はサービス提供内容が制限されるため、一般的なホームヘルパーとして人気が高かったホームヘルパー2級を有名介護事業所で取得しました

 

実際に利用者宅に伺い、おむつ交換や入浴介助を行う際は、講師からの効率的な介助方法やイラスト入りの教科書が大変ためになり、今でも読み返してスキルを高める努力をしています。実際に利用者が笑顔になったり、感謝の声かけをしてくれると、この仕事について本当に良かったと思います。無資格の人も、施設などでは介護員になれると思いますが、在宅ホームヘルパーに必須な資格を取って私は満足

(34歳 女性 東京都)

 

 

介護職員初任者研修を最安値の通信なら

介護職員初任者研修 資格


このページの先頭へ戻る