介護職員初任者研修 給料

給料・収入・年収について

介護職員初任者研修 給料画像

介護職員初任者研修の資格を取得すると、どのくらいの給料が期待できるのでしょうか。

 

高齢化が深刻な現代社会では、介護関連の仕事は非常に需要が高くなっています。それだけに「介護関連の資格取得者は、優遇されやすいのでは?」と考える方も多いでしょう。

 

確かに求人サイトを見てみると介護関連の案件はいつでも豊富にありますよね。それどころか以前にも増して案件が増えているようにも感じます。正社員だけでなく、パートやアルバイトなどの勤務形態も用意して少しでも人員を確保しようと言う動きも見られます。

 

しかし需要が高い仕事だから、給料・収入や待遇などが恵まれていると言う訳ではないのが現状です。
介護関連の求人を実際に見てみると分かるかと思いますが、そこまで給料が高かったり、待遇が良かったりする業界ではないのがお分かり頂けるかと思います。中にはアルバイトやパートとして勤務して、月10万円以上稼いでいる方もいますが、正社員の平均年収はおよそ250万円くらいと言われています。ちなみにサラリーマンの平均年収が400万円くらいですから、平均的な数値で見るとあまり金銭面では優遇されているとは言えません。

 

介護職員初任者研修の資格を取得するのにも、スクールなどで高いと15万円くらいの費用がかかります。そして介護の仕事は体力仕事で精神的な苦労も絶えません。介護施設の利用者1人1人によって、求められる対応の仕方も変わってきますし資格を取得する時だけでなく就職先が決まってからも日々勉強です。

 

人によっては、「大変な仕事の割には、給料や待遇が恵まれていない。」と感じることもあるかも知れません。しかし介護関連の仕事は、職場によっては経験年数や資格などを評価してもらえるところもあるようです。資格手当として3,000円〜1万円程度つくことも最近では多いようです。

 

介護職員初任者研修の資格を取得したのなら、

介護職員初任者研修

実務者研修

介護福祉士

認定介護福祉士

実務者研修、介護福祉士、認定介護福祉士と、順に資格を取得することで、キャリアアップを目指すことで給料のアップも見込めるかと思います。

 

例えば国家資格である介護福祉士になるためには、2年以上の養成施設や福祉系高校などで、1,800時間程度の講義を受ける方法もありますが、実務経験3年以上積んで450時間の実務者研修を受ける方法もあります。その資格を目指して頑張っていけば、仕事の充実度も金銭も高いレベルで働くことができるでしょう。

 

今は「意外と少ない…」と感じる給料かも知れません。ただ、今後ますます介護関連の仕事の需要が高まっていくことには間違いありませんので、今からキャリアや資格を持っていれば給料や待遇などが良い方向へ変わっていく可能性は十分にあります。

 

まずは介護職員初任者研修の資格を取得すると、介護の職は手が足りていなく、今後もっと需要がある市場ですので安定的な就職は出来ます!通信講座だと最安値で安く受講が出来ますのでオススメですね。

 

 

介護職員初任者研修を最安値の通信なら

介護職員初任者研修 資格

 

 

介護職員初任者研修 通信で最安取得 TOP


このページの先頭へ戻る