介護職員初任者研修 難易度

介護職員初任者研修の難易度はどのくらい?

介護職員初任者研修の難易度に関しては、色々な意見があります。中には、「介護職員初任者研修の資格に変わったことで、2013年3月までのホームヘルパー2級よりも、難易度が上がった」などと感じる方も、少なくないようです。

 

確かに、ホームヘルパー2級の資格は決められた課程さえ受講すれば取得することが出来る簡単なものでした。ところが介護職員初任者研修の資格取得には決められた課程を受講するのに加えて、その理解度チェックとしての筆記試験を受ける必要があります。全課程が修了してもこの試験に合格しなければ資格を取得することが出来ないのです。

 

ですが全然恐ることはありません!筆記試験の出題範囲は、研修で学んだことのみです。研修の内容さえ確実に身に付けておけば、そこまで難しい試験ではないと言えます。
それに万一この筆記試験で落ちてしまったとしても、今までの研修が無駄になることはありません。補講や再試験を受けるなどの救済策が、スクールや通信講座などで用意されているようです。
ただしスクールによっては、補講や再試験に追加費用がかかってしまう場合もあるので、出来るだけ1回で合格したいですよね(^-^;

真面目にやっていれば合格率も100%に近いようなのです。

 

1日の研修が終わるごとに自宅でその内容をチェックし、筆記試験の前には最終確認としてテキストなどで研修の内容をよく復習しておきましょう。
短期間で1ヶ月、長くて4ヶ月で取得できる資格なので、そこまでやっておけばきっと大丈夫!また筆記試験の出題形式は選択式のところもあれば記述式のところもあるようです。事前に分かっているようであれば、自分の希望の出題形式で試験を受けられるスクールを選ぶのも、良いかも知れませんね。

 

スクーリングの時間が増えた

介護職員初任者研修では、ホームヘルパー2級に比べてスクーリングの時間が大幅に増えました。
研修課程全体の時間については130時間のままなので変わっていないのですが、介護職員初任者研修のスクーリングの時間は約90時間もあります。ホームヘルパー2級は51時間でしたので、40時間の違いは大きいですよね。

 

スクーリングは決められた時間に行うので、もれなく出席できるよう体調管理やスケジュール管理も大切になってきます。さらに拘束時間も長くなるので、自宅学習のための時間が限られてしまうことにもなります。特に家事や育児、会社勤めなどで元々時間の限られている方は、学習計画を無理のないように上手く立てることも大切です。

 

 

介護職員初任者研修を最安値の通信なら

介護職員初任者研修 資格

 

 

介護職員初任者研修 通信で最安取得 TOP


このページの先頭へ戻る