介護職員初任者研修

介護職員初任者研修の資格取得ラボ【通信講座で簡単合格】

介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修のイメージ画像

介護職員初任者研修とは、2013年3月まで実施されていたホームヘルパー2級に代わる、新たな資格のことです。
高齢化社会が深刻化する中、介護職員の需要が高まっています。今後も、介護職員の需要は、さらに増え続けることでしょう。

 

以前のホームヘルパー2級の頃は、介護関連でのキャリアアップを目指すのに、色々な順序で資格を取得することが出来ました。この介護職員初任者研修の資格も、介護に関する知識や技術を学べるファーストステップまたは介護の資格のスタートラインのようなものです

 

この資格を取得した後は、

介護職員初任者研修

実務者研修

介護福祉士

認定介護福祉士

とステップアップすることも出来ます。レベルが分かりやすくなっており、学習内容の重複もほとんどありません。ただ中には「働くのに最低限必要な資格さえあれば良い。」と考えている方もいるでしょう。もちろん、既にホームヘルパー2級の資格を持っていると言う方は、それが無効になってしまう訳ではありませんのでご安心を。介護職員初任者研修の資格を取得したものと見なされるのでご安心ください。

 

資格は「自分は、これだけのレベルの知識や技術を持っている。」と言う証拠になります。資格の名前を言っただけで、どれだけの知識や技術があるかが分かるので、介護職員になる上でのアピールポイントとなります。

 

介護職員初任者研修の科目や時間

 

職務の理解→6時間

 

 

介護における尊厳の保持

 

 

自立支援→9時間

 

 

介護の基本→6時間

 

 

介護・福祉サービスの理解と医療の連携→9時間

 

 

介護におけるコミュニケーション技術→6時間

 

 

老化の理解→6時間

 

 

認知症の理解→6時間

 

 

障害の理解→3時間

 

 

こころとからだのしくみと生活支援技術→75時間

 

 

振り返り→4時間

 

 

研修時間の合計は、130時間あります。
介護職員初任者研修の資格を取得するためには、これらの課程を終えた後で筆記試験に合格しなければなりません。なのでホームヘルパー2級のように研修さえ受ければ資格を取得できると言う訳ではないんですね。

 

またホームヘルパー2級では在宅での介護に関する知識や技術を中心に学んでいたかと思います。追加で介護職員基礎研修や介護福祉士の研修を受けないことには、施設での介護に関する知識や技術を得ることが出来ませんでしたが、介護職員初任者研修では在宅・施設、どちらでの介護に関する知識や技術も得ることが出来ます。

 

介護職員初任者研修の仕事内容

介護職員初任者の仕事には、

 

利用者のご自宅

 

利用者のご自宅では、食事の補助、着替えや入浴、通院などの介助を、利用者の状況に合わせて行います。調理、掃除、買い物、洗濯、薬の受け取りなどの、利用者の日常生活に必要なサポートを行うこともあります。

 

介護施設

 

老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの介護施設では、利用者の施設での生活をサポートします。

 

医療機関

 

医療機関では、医師や看護師などの指示に従って、ベッドメイキング、食事の準備や片付け、搬送などを行います。

 

介護職員初任者研修の資格取得には?

介護職員初任者研修の資格の勉強は、通信講座で行うことが出来ます。
通信講座はスクールとは違って、空き時間を利用して自分のペースで学習を進めていくことが出来るのが、メリットと言えます。会社勤めしている方、家事や育児で忙しい方などには、お勧めの勉強方法です。それにスクールに通うよりも、安い費用で受講することが出来ます。「早く資格を取得したい。」と言う方には、短期間のプログラムもあります。通信講座も会社によって料金や日数がまちまちとなっているので一番最安値や最短で資格取得を目指していくならケア資格ナビで通信講座の一括比較を行うと良いかと思いますよ!

 

まずはどれくらいの

費用

 

日数

 

で取得できるかを無料なので確認してみましよう!

 

介護職員初任者研修の資格を取得するためには15日間のスクーリングが必須になっているので、全ての課程を通信講座で貫くことは出来ません。スクーリングは、あらかじめ日程を決められているところもあります。時間の融通が利かない方は、初めから希望の日程を選ぶことの出来るところ、急用の際に日程変更が出来る通信講座を選択するのが良いと思いますよ!

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る